おぐら屋

ひとりごと(ときどき黒)

Entries

入学しました!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

話す相手が居ない

30日に日帰りでチビ子の引っ越し手伝い。
車は使わず新幹線で移動。
家電は半分備え付けだし足りないものは現地調達。
当座の着替えや日用品をスーツケース3つに詰めて。

しかし買い物をするアーケード街が案外遠くて、片道はバス移動
できたのに帰りは停留所が見つけられず徒歩で運んだから
疲れたのなんの…

しかも時間切れで鍋やまな板を買えずじまい。
ホームセンターがないんだもの!
頑張って自分でさがすようにと言いつけ、駅までタクシーを使い
やっと東京駅でお土産を買う時間分だけはあった。

それから4日経つけれど、寂しいというよりは静か。
自分でもきっと泣いてしまうと思ったのに残りの荷物を送ったり
洗濯機の使い方を教えたりいろいろしてるせいか、悲しくはない。

ただ、食事も洗濯物も2人分しかないのは調子が狂うし、昼間に
誰とも喋らない生活。
まぁ趣味があるから苦ではないけど、無趣味な人だったら
(しかも子煩悩だったら)大変だろうなー。

いきなりの旅行~♪

心配ごともなくなったのと代休がとれそうだったので急遽
ディズニー旅行へ。

車を運転するのがめんどくさくなってきたらしいダンナ、新幹線で
往復を提案(笑)

1日目は上野で下りて西洋美術館と科学博物館。
世界遺産の建物が見られればいいや~ぐらいの気持ちだったのに
じっくりと見て回ってしまった…
科博では映画で使用された「はやぶさ」の複製模型と、小惑星
イトカワの微粒子を見学。


館内には子ども連れの他にガチ理系みたいな学生も多くて
うちの次男がいっぱいいるみたいだった(笑)

卒業式

お天気もよく、なごやかに卒業式は挙行されました。

担任の先生が退職すると思っていたらあと1年残ると知らされたり
証書入れやアルバムを渡すの忘れて解散しそうになったり
アルバムが5冊も足りなくて青くなったり
(先生が机の横の死角に置いたままだった)
ホームルームは結構騒然としましたが、まぁ終わりよければ。

…そして女子の親は大変だった!

入学準備

住まいは女子専用の学生会館と決めていた。
管理人がいて、防犯カメラがあって、部屋にバストイレがあって
自炊できて、それでいて談話室やホールで友人と語らえるところを
ネットで探しいくつかピックアップしておいた。

でもその学校の学生専用の新築したばかりの会館があると知り
金額の兼ね合いもあるのでダンナに相談したところ
「電車賃をかけると思えば、徒歩圏内でこれならいいんじゃないか」と。
試しに4年間の合計金額を出したら確かにほとんど変わりはない。

合格発表があったその日にネット申込みを済ませた!

開花

娘の受験騒動、終了!
大学進学おめでとう!

平日

三が日が過ぎ、息子を送り出してひと段落。

大晦日から3日の朝までは義実家でごはん。
2日の昼と夜は義妹一家も来て11人。
流れるように消えてゆくビールとお酒(笑)

3日の昼は次男が友人に会いに行ったので後で神社で合流する
ことしにて、残った4人で珍しく外食、回転寿司。
合間に義母の施設に顔を出しに行って、稲荷神社にお参りして
お守りを実家の分も買って、おみくじをひいたら「大吉」。

午後は全員で実家へ御年始挨拶、お茶だけして帰宅。
(受験生がいるからね)

4日の昼の新幹線で次男帰京。
次の帰省は卒業発表の済んだ2月中旬かな。

ごあいさつ

2016年、介護に進路にいろいろと心がざわつく年でしたが
同時に新しく知り合う方がいたり観劇できたりと動ける年でも
ありました。

来る年がどうか穏やかで静かなものでありますように。

10分だけ

叱ったりなだめたり説得したりで、なんとか午前中のうちに
学校へ顔だけ出すことを承知させた。
その代わり車で送迎。

欠席…

1週間以上欠席が続いている。
もうセンター特別編成授業で出欠はとらないとはいえ
受験前の貴重な時間。

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ